« できるようになる過程 | トップページ | 事務所独自のものを残していく »

2012年12月11日 (火)

最後にいただける言葉

2年近くかかった業務が終了し、わざわざお仕事を早退して、事務所に顔を出して下さいました。

1つ1つの案件が長期化する傾向があり、その分、事務所の負担も重たくなっていますが、

それよりも何よりも、信頼関係を築き続けられるかどうかが、今まで以上に重要になってきます。

短期間の、形式的なお付き合いでは見えないことも、長く、深くなれば、見えてくる部分もあるでしょう。「きちんと仕事をする」という当たり前のこと以外にも、大事になってくる部分もあると思います。

最後になって、「吉田でよかった」と、お世辞でも言ってもらえることは、何よりありがたいことです。

|

« できるようになる過程 | トップページ | 事務所独自のものを残していく »

司法書士の日常」カテゴリの記事