« 繁盛店からのヒント | トップページ | いずれ旅立っていく »

2012年11月 4日 (日)

なぜFPだったのか

CFP試験(金融資産運用設計)の1週間前です。
昨日やっと基本講座のDVDを聞き終わりましたが、問題集はまだ1/4程度…。

投げ出したいところですが、次回、来年の6月試験のためにと、できるとこまでやっておきます。

2級のFP試験を受けたのは、平成17年のことでした。
当時は、「多重債務の原因は全てが高金利」という風潮でしたが、同じ業界にいながら、それでいいんだろうか、情報の流し方としてマズイのではないかと、疑問に感じていました。

金利の問題は問題として、家計の中身から考えないと、根本の原因は見えないんじゃないか、と。

そこから7年も経ってしまいましたが、CFP試験の最後の1科目になって、「行動ファイナンス」も出てきました。『人は、必ずしも合理的な行動を取るとは限らない…』。

そこにたどり着けて、目的の一つは果たせたように思います。

|

« 繁盛店からのヒント | トップページ | いずれ旅立っていく »

受験勉強の話」カテゴリの記事

宅建登録実務講習(2020.01.12)
CFPまであと1科目で足踏み(2019.09.14)
自分が戻れる場所を作っておく(2013.02.14)
分厚い書類に囲まれ(2012.11.10)
なぜFPだったのか(2012.11.04)