« 移動に便利な場所に身を置く | トップページ | 仕事の遅れとプレッシャー »

2012年11月28日 (水)

とりあえずファイルに挟む

昨日の日経新聞に、『できる人の「机」整理術』という記事がありました。
記事から引用します。

「弁護士の葉玉匡美さんの机も書類で埋め尽くされている。書類は手の届く範囲に積み上げていき、やがて書類の山が増えて邪魔になったら、上から3センチ分だけ残して、遠くに押し出す。外側の書類が机から落ちそうになったら捨てる」(以上引用終わり)

私の机の周りは、片付けてから1週間もすれば、また元のように散らかってしまいます。外に外にと広がるのは同じですが、記事のようなルールもなく、どう見ても「できる人」の机には見えません。

そんな中でも、事務所で徹底できている習慣は、「とりあえずクリアファイルに挟む」です。袋にすると開け閉めが面倒だし、中が見えないので、私の場合はダメ。

例えば、認証してもらった定款など、袋に入れて書類をもらうと、その後が困るので、事務所からお客様に書類をお渡しする時も封筒を使わず、透明のクリアファイルのままお渡ししています。

|

« 移動に便利な場所に身を置く | トップページ | 仕事の遅れとプレッシャー »

司法書士の日常」カテゴリの記事