« 字数制限があると難しい | トップページ | 「カーシェアリング」使えず »

2012年10月15日 (月)

「難しいことはやさしく」

昨日読んでいた『食いっぱぐれない「働き方」のテクニック』(金子哲雄著)に、こんなことが書かれていました。

『「難しいことはやさしく」「やさしいことは面白く」話すことは意識しなければ、なかなかできないものです。』
『難しい言葉を使わなければ説明できない人は、相手に伝わらない情報を発信しており、コミュニケーションを成立させられていない人ともいえます。』

金子さんの場合、「話し方」のことを言われていますが、文章でも同じことでしょうね…。

法律家だからと、難しいことを難しく書いていても、賢いわけではない、

ということになりますが、「判決」とか「免責」とか、依頼者の方にそういった単語を含む話をする場合に、どこまで他の言葉に置き換えようかと、悩む場面は結構あります。

|

« 字数制限があると難しい | トップページ | 「カーシェアリング」使えず »

読書・映画の話」カテゴリの記事