« 料理を出す時の「名残手」 | トップページ | 朝の時間を有効に »

2012年10月 9日 (火)

仕事の量と専門性

今日は事務所のメンバーが少なかったので、最低限しないといけないことで精一杯。

そんな中でも、経営のことを考えて、行動しないといけないこともあります。

4人から3人になる時より、3人が2人になる時に、一気に負担が増えるように感じます。

「1人で仕事するのが気楽」と、仕事仲間と話をすることもありますが、司法書士の専門性を備えるために、ある程度の仕事量を経験しないといけない、とも思っているので、

いずれそういう時が来るとしても、今のところは「2人でいい」「1人でいい」という方向では、考えないようにしています。

|

« 料理を出す時の「名残手」 | トップページ | 朝の時間を有効に »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)