« 「カーシェアリング」使えず | トップページ | タバコの問題はデリケート »

2012年10月17日 (水)

突然請求が始まる債権

何年も放置されていたはずの債権について、突然請求が再開されるようになった、というご相談が続いています。

「時効」によって、借主側が助かることもあれば、過払い金を回収できなくなることもあって、法律が有利に働くかどうかはケースバイケースですが、

貸金業者が時効になっている過払い金を返すことは、通常は考えられない中、個人の借主であれば、「うっかり返してしまう」「債務を認める書類にサインしてしまう」ということはあり得ます。

家まで来られたら、普通に考えると怖いです。

「法律を知っているかどうか」という場面には、できるだけ身を置きたくないものですが、知識の有無で大きな違いが生じてしまうかもしれない、場面のひとつです。

|

« 「カーシェアリング」使えず | トップページ | タバコの問題はデリケート »

司法書士の日常」カテゴリの記事