« 数字に向き合ってもらう機会 | トップページ | 職人としての経験 »

2012年9月19日 (水)

賃貸住宅の経営も大変

今日は、不動産売買の決済が1件。

売主側、買主側、設定の金融機関側と、3人の司法書士がついた例は、私の事務所を開業してからでは、初めてかもしれません。

引き継ぎの話をお聞きしていると、賃貸物件の管理の方法(掃除やエレベーター点検の頻度なども含めて)は、それぞれの方法があるんだなぁ・・・ということと、その中でも、共通の認識事項があるんだなぁ・・・ということが分かります。

私自身の頭にあることとしては、「賃貸収入で儲けよう」と、素人が手を出して簡単にいく事業ではない、ということと(それはどんな事業でも同じかもしれませんが)、

「住んでいる家の住宅ローンが払えなくなったので、他人に貸して、その家賃で返そう」という選択も危険である(住宅ローンを組んでいる金融機関に対して契約違反になる、ということは別としても)、ということがあります。

|

« 数字に向き合ってもらう機会 | トップページ | 職人としての経験 »

司法書士の日常」カテゴリの記事