« 子どもとキャッチボール | トップページ | いろんな立場の方の調整 »

2012年9月30日 (日)

どこまでも修行は続く

Dsc_1165『コーチング以前の上司の常識「教え方」の教科書』(古川裕倫著)

私自身の感覚では、「仕事中に教えられること」なんて限られていて、

その分、他人の動きを見て、話を聞いて、もしくは自分で本を手にとって調べて下さい、ということは、事務所の執務マニュアルにも書いています。

そもそもが、職安から初めて入ってくれたスタッフが優秀で、「人っていうのは、放っておいたら自然と仕事ができるようになるものなんだ」(それが普通)と私が理解してしまった、という前提があります。

しかし、この本では、「とことん基礎から教えないと、いつまで経っても仕事ができるようにならない」といったことが書かれていました。私の感覚は大間違い、ということです。

いずれにしても、組織で立場が上になったとしても、どこまでも修行は続く…ことは、間違いありません。

|

« 子どもとキャッチボール | トップページ | いろんな立場の方の調整 »

読書・映画の話」カテゴリの記事