« 司法書士による登記相談とその周辺の話 | トップページ | 読売新聞に写真が出ました »

2012年8月25日 (土)

勢いで大きくすることより大事なこと

日経新聞夕刊に連載されていた、一休社長の森正文さんの話。
昨日の記事で、こんなくだりがありました。

「いいものをつくるには時間が必要です。急いで拡大するより、継続して地道にやっていけば、次のビジネスは利用者が教えてくれる。このことをビジネス人生で強く感じました」(以上引用です)

一時の勢いで拡大するのは、ある意味やりやすいことです。
借金の力も借りれば、もっと大きくできるかもしれません。

司法書士事務所だって同じです。

でも、ひとつの事業がずっといい状態で続くことはないんだ、ということは、自分の経験として、また、いろんなことを見聞きする中で分かってきました。

そんな中、「次のビジネスは利用者が教えてくれる」ですが、アンテナを張っていないと気付けないことでもあります。

|

« 司法書士による登記相談とその周辺の話 | トップページ | 読売新聞に写真が出ました »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)