« 気を抜くと楽なほうに流れる | トップページ | 手作り餃子 »

2012年8月18日 (土)

魅力があれば不便でも行く

今朝の日経新聞に、「紀伊半島 客足戻れ」「台風水害1年、観光復興へ奮闘」「十津川 道路復旧後も苦戦続く」の記事。

先日旅行に行った地域は、まさに去年の台風で大きな被害を受けた場所。

川湯温泉で泊まった「冨士屋」は、床上浸水だったそう。
まだ土砂崩れ現場の復旧ができていなくて、片側相互通行になっている場所を何か所か通りました。

「日帰り温泉の利用者が例年の半分程度」と記事に出ている「ホテル昴」にも足を伸ばしました。

和歌山から十津川温泉に通じる道の中で、立派なバイパスが作られていたものの、迂回路になっていて一部通れず。それを除いても、走りやすい道ではなかったです。

自然に囲まれ何もないことも魅力なのでしょうけど、一人の温泉ファンとしては、「不便でも行きたい」と思えるような施設作りを望みたいです。

|

« 気を抜くと楽なほうに流れる | トップページ | 手作り餃子 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事