« 引き出しが足りることはない | トップページ | 小遣い帳を付けてみる »

2012年8月29日 (水)

自分から合わせるほうが早い

今日の不動産売買は現金決済なのに、抹消の債権者への振り込みの控えが出てくるまで、40分くらい待たされました。

帰り際、買主さんが金融機関の担当者に、「1時間以上も使わせてくれてありがとう」と言って帰られたのが面白かったですが、

それが嫌味だと受け止められているかどうか…。

相手方の司法書士さんとは、登記申請書の記載のことで、「書き方が違う」という話に。

こういう場面で、私にとって大きいのは、2か所で勤めさせてもらった経験。

言われる方法に合わせればいいことで、私の事務所から「そうではなくて」「こうして下さい」と言うことは少ないです。

|

« 引き出しが足りることはない | トップページ | 小遣い帳を付けてみる »

司法書士の日常」カテゴリの記事