« 無意識に繰り返せること | トップページ | まずは書類収集から »

2012年7月30日 (月)

それで仕事を失うとしても

今日は、不動産売買のご相談。

それぞれの守備範囲が違うので、不動産業者の方と一緒に訪問しました。

今回のことに限らず、不動産業者の方は、売買が成立することによって対価が発生します。

例えばですが、多少無理をしてでもローン付けして売ろうとする姿勢が見えると、それは問題ではないかと感じていましたが、「とにかく買いたい」というのが依頼の趣旨であれば、立場上やむを得ないことかもしれないと、考えるようになっています。

でも、もし、専門家にはリスクが見えていて、依頼者の方に見えていないのであれば、たとえ目の前のお仕事が流れたとしても、きちんとお話ししておかないといけないことはある、というのは、いつも心に留めていることです。

|

« 無意識に繰り返せること | トップページ | まずは書類収集から »

司法書士の日常」カテゴリの記事