« 改めて10年の区切り | トップページ | やらなきゃ結果は出ない »

2012年7月14日 (土)

無理な広げ方をしない

今週のカンブリア宮殿は、吉田カバンの吉田輝幸社長。

細かい部分にまでこだわり、手間暇をかけて作り上げられる一方、その掟として、「広告費は使わない」「値下げをしない」を紹介されてました。

それでいてお客さんに支持されるのは、理想的です。

「自分の身の丈を知るというか、きちっとした商品作りでものづくりをしていく。きちっとした自分のブランドを守っていくには、絶対に職人を守っていく代わりに、無理な広げ方をするということをしない。僕はそれが一番大事だと思う。それが最終的には、消費者の皆さんに価値のある商品を提供できる。そういった会社になれると思っている」

最後に社長が、言われていた上記言葉にも共感でした。

昨日事務所のメンバーから、「事務所を大きくするつもりは?」と聞かれましたが、即答で「全くない」でした。

もっとも、「大きくしたい」と望んでも、私にその力がないのも現実ですが、自分の目が届く範囲で納得いく仕事ができるように、と考えると、大量生産はできない、というところに行き着きます。

|

« 改めて10年の区切り | トップページ | やらなきゃ結果は出ない »

事務所経営論」カテゴリの記事