« いい道具を使うためには | トップページ | それで仕事を失うとしても »

2012年7月29日 (日)

無意識に繰り返せること

Dsc_0968「動じない。超一流になる人の心得」(王貞治 広岡達朗 藤平信一)

王さんや長嶋さんが、現役時代に合気道を習われていたのは、知りませんでした。

人が能力を発揮すめるためには、力の抜き方が重要、自分を静かに保っていないといけない、という話から、なるほどなぁ…と引き込まれていきました。

しかも、その「リラックス」が無意識にできていないといけない。
できるようになるためには、正しい練習を繰り返しするしかない、という話に続きます。

「力の抜き方」というと、ゆるい話なのかとも思いますが、その逆でした。

気持ちが乱れているといい仕事ができないのは、私の仕事でも同じ。仕事の中で緊張することがあるとしたら、イレギュラーな場面です。

最初は、「なんだ合気道の話か…」と思いながら読んでましたが、応用できる話がたくさんありました。

|

« いい道具を使うためには | トップページ | それで仕事を失うとしても »

読書・映画の話」カテゴリの記事