« 各自が看板を背負っている | トップページ | 相手によって態度を変えない »

2012年6月27日 (水)

靴べらを使わないと

今日は予定が詰まっていて、バタバタ。

目の前のお仕事は当然大事なのですが、次のお約束の時間はあるし、電話も掛けなくてはならないし、そういうのが折り重なると、ぐったりときます。

さて、革靴を履く時、靴べらを出していただくことも多いのですが、いつも「なしで大丈夫です」と言って履いてしまいます。

ところが、いつものようにエイと履いてしまうと、「それは見逃せない」「革が痛みますよ」とお叱りの声・・・。

その話には前提があって、突然言われたことではないのですが、身に着けるものにいかに無頓着であったか、それと、見ている人は見ているのだということに、気付かせてもらえた一日でした。

|

« 各自が看板を背負っている | トップページ | 相手によって態度を変えない »

司法書士の日常」カテゴリの記事