« リスクの伝え方 | トップページ | 目に見えないものの影響 »

2012年6月20日 (水)

おつりを渡す場面を想定

今日は、仲介業者さんの事務所で、現金決済の売買です。

金融機関での売買であれば、諸費用の支払いについて、それぞれの明細ごとに仕分けてもらった現金が出てきますが、「おつりがない」「両替を」というやり取りがたくさん。

私も、自分がいただく費用のおつりすら財布の中になくて、想像力が足りなかったことに気付きました。

帰り道は、前々から気になっていた「リンガーハット 長崎ちゃんぽん」のドライブスルーに。注文した後、「おつりを用意してお持ちしますが、おいくらから?」と聞いてくれました。

それくらい気付ける人間でいたいものです。

|

« リスクの伝え方 | トップページ | 目に見えないものの影響 »

司法書士の日常」カテゴリの記事