« 見慣れた形が標準に見える | トップページ | 自分で変えれる予定は変更 »

2012年6月 6日 (水)

中学レベルの勉強は大事

登録免許税の計算。
マンションの共用部分の計算方法について、司法書士スタッフが長い時間、法務局や市役所とやり取りしてくれていました。
.
聞いてる私もしんどくなるくらいなので、電卓叩いて話をしている人はもっと大変です。

結局、計算の基礎になるのは割り算や分数の問題で、それくらい計算できるのは当たり前だろうということになりますが、

今感じることとして、小学校の高学年や、中学校あたりで勉強していたことは、実はとても大事なことだったんだ、と。CFPの勉強をしていても、同じことを思います。

「あの人は○○大学だから」と、卒業した大学名で人を見るのは、私は嫌なのですが、

もっと遡って、できる人は中学生の時から優秀だったんじゃないか、と。同じ学区(高校の)にいた人と一緒に仕事をしているので、余計にそういうことも感じています。

|

« 見慣れた形が標準に見える | トップページ | 自分で変えれる予定は変更 »

司法書士の日常」カテゴリの記事