« 過程は表から見えない | トップページ | 温泉と野球と本 »

2012年4月 7日 (土)

ゴールと通過点

「残念な人のお金の習慣」(山崎将志著)は、「残念な人」シリーズの本ですが、著者が、全国大会の常連校「杉並高校の吹奏楽部のパフォーマンスに驚いた」という話から。

その演奏がすごいのは、「ミスせず譜面どおり演奏すること」ことがゴールではなく、「パフォーマンスによって観客を楽しませる」ことがゴールだからではないか。

だから、「完璧な演奏は、ゴールではなく通過点になる」というのが著者の視点。

これは、私の事務所でも当てはまる話で、

「ミスなく書類を作成しないといけない」としても、「お客様に喜んでもらう」「困っている方のお役に立つ」ことがゴールだと考えたら、

「書類をきっちり作る」というのは通過点に過ぎないことになります。

だから、「どうやって書類を作るか」というところで思考が止まってしまったら、いい仕事をすることはできないし、そこで満足してもいけない、ということになりそうです。

|

« 過程は表から見えない | トップページ | 温泉と野球と本 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)