« 連休前の一週間 | トップページ | 早く準備すれば大丈夫 »

2012年4月24日 (火)

「不動産を手放す」選択

それぞれの事情、思いがありますので、片方に決め付けるつもりはありませんが、

住宅ローンに関するご相談の中で、「支払えるけど、もう不動産は要らない」といったお話を聞く機会が、増えている気がします。

今まではどちらかというと、「家だけは何とか残したい」と言われる傾向が強かったですが。

住宅ローンの残債務のほうが大きければ、売りたくても売れない。
全額の返済をしなくても担保を外してくれる「任意売却」も、延滞がなければできない。
支払えるのに支払わないのであれば、「支払不能」とはいえない。

手放すにもいろいろと問題がありますが、「家は要らない」は、たまたま私が聞く機会が多いだけなのか、ひとつの傾向になっていくのか。後者であれば、背景にどのようなことが考えられるのかも、見ていきたいと思います。

|

« 連休前の一週間 | トップページ | 早く準備すれば大丈夫 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事