« 温泉と野球と本 | トップページ | タイトルにつられてしまう »

2012年4月 9日 (月)

プロの価値はどこに?

今日は、宅建免許の申請のことで、お客様を行政書士さんにご紹介。

私も行政書士登録をしているので、お仕事をお受けする「資格」はあるのですが、

次々と論点を潰しながら説明されているのを聞いていると、いろんな事例を経験していないと分からないことばかり。お任せして正解だったと感じました。

お客様も事前に調べられていて、ご自分でも手続することは可能な中、「プロ」としての価値は何なのかとなると、

ただ「代行してやります」では全然足りない、ということになるのだと思います。

そんなことは当たり前のことなのかもしれませんが、これがプロの仕事、という姿を見せてもらえて、刺激になりました。結論として、「資格があるということと、プロとして仕事ができるということは違う」です。

|

« 温泉と野球と本 | トップページ | タイトルにつられてしまう »

司法書士の日常」カテゴリの記事