« 期限は自分で切る | トップページ | 「売り込み」は苦手 »

2012年3月22日 (木)

望まれていることは何か?

今日は、同職から、ちょっとした作業の依頼です。

私がきちんと確認していなかったため、事務所内で「どうしようか??」という部分が生じたのですが、どちらに解釈しても問題がないような方法をとれました。

今回は、「司法書士から司法書士」への依頼ですが、対お客様との関係では、「お客様が何を望んでいるか」。会社内では、「上司が何を望んでいるか」を考えて行動することが大事なのは、全く同じだと思います。

さて、4月1日以降、所有権移転(土地の売買)の登録免許税の税率が、1.3%から1.5%に上がります。

見積書にもその旨記載するようにしていますが、一方、同時に評価替えになりますので、評価が大幅に下がれば、4月に遅らせることが有利になることがあるのかも??とも考えたのですが、

そんな曖昧な話はできません。

今回の事例では、逆算したところ、「評価額が200万円下がったとしても、今年度中に登記するほうが有利」であることが分かりましたので、ご参考までに書き添えて、見積書をお出ししました。

|

« 期限は自分で切る | トップページ | 「売り込み」は苦手 »

司法書士の日常」カテゴリの記事