« 話の引き出し | トップページ | 準備をしておくこと »

2012年3月 1日 (木)

職人のこだわり

今週の「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、パン職人の成瀬正さん。
タイトルは、「不満足こそが、極上を生む」。

職人としての細かいこだわり、日々より良いものを産み出そうとされている姿勢など、番組を見ている間ずっと、素晴らしいなぁ…という目で見ていました。

スタッフの方の仕事ぶりに、「ミスを見逃していた」「これ相当ダメだね」という言葉が出たシーンがありましたが、

高い意識を持っていないと、ミスだと解釈できないレベルのものかもしれません(少なくとも、私がお客として行っても気付かないでしょう)。

職人として大事な能力として、「仕事のどこを観察するか」を言われていました。
新人さんに対して、周りのことを見てないじゃないかと怒られていましたね。

直接言われることに限らず、目で見て、耳で聞いて学べることは、たくさんあるものだと思います。

|

« 話の引き出し | トップページ | 準備をしておくこと »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)