« 有馬日帰りの旅 | トップページ | 行政書士としての相続 »

2012年3月 5日 (月)

たばこと家計の関係

読売新聞の「人生案内」というコーナーで、匿名の相談に対し、医師、作家、著名人等が回答するという記事があるのですが、

先週土曜日の相談は、「やめたいとは思っている」と言いながら、「たばこを吸う夫が許せない(でも、優しく真面目な夫である)」という奥さんの悩み。

それに対して精神科医が、『「あなたの言うように、思うだけじゃ変わらない」。キツイ誰かが、思いっきりしつこく言わねば禁煙の出発すらできません』と回答しています。

でも、無理にさせるのではなくて、「なぜ?」という部分を一緒に考えてもらって、禁煙外来への通院に付き合ってあげる、というのが正解なんじゃないかな・・・という気がします。

「生活が苦しい」と言われる状況の中でも、お酒、たばこで大きな支出をされていることは少なくありません。その度に、「たばこを止めれない」ことが、深刻な問題であることを感じます。

|

« 有馬日帰りの旅 | トップページ | 行政書士としての相続 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事