« 「便利」にたどり着くまで | トップページ | 「ズルい仕事術」 »

2012年2月11日 (土)

「働き方の教科書」

「伝説の外資トップが説く 働き方の教科書」(新将命著)。

前書きが「原理原則」という言葉から始まり、「・・・すれば人生はうまくいく」という言葉に続きます。

しかし、それは単なるテクニック論ではなくて、著者の経験に裏打ちされた深い話ばかり。「働き方」に限らず、「生き方」を考える上で、まさしく「教科書」として手元に置ける本だと思います。

「人財-人材-人在-人罪」の言葉の比較は、よく目にしますが、

「自燃型人間-可燃型人間-不燃型人間-消化型人間-点火型人間」
「一点深堀り型-幅広浅堀り型-幅広一点深堀り型-幅広二点深堀り型」

といった独特の表現も、説明を読むと分かりやすくて、自分に足らない部分が見えてきます。

しかし、少なくとも、著者の言う「目標人間」でありたいと思いますし、「自己実現」のために仕事をしていたいとも思います。

|

« 「便利」にたどり着くまで | トップページ | 「ズルい仕事術」 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)