« 「働き方の教科書」 | トップページ | 全ては仕事のために »

2012年2月12日 (日)

「ズルい仕事術」

「ズルい仕事術」(勝間和代著)を読みました。

「ズルい」という言葉を聞くと、マイナスの印象を持ちますが、著者は「ズルい仕事術」のことを「単位時間当たりの生産性を上げること」と定義。

そのためには、「嘘をつかない」「陰口・悪口を言わない」「秘密を守る」という当たり前のことに行き着く、というのが結論でした。

全体を通して、私の事務所の中にも通じる話がいろいろとありました。

「仕事で付加価値を出すこと」は、結局のところ、お客様のお役に立つことだと思うのですが、ひとつの仕事にどれだけ時間を費やしたとしても、結果を出せなければそれまで、です。

「相手は変えられない」とか、「帽子を変えて考え直してみる」とか、仮説を立てることや自己分析の必要性とか、「そのとおり」と納得しつつも、普段、違った方向に力を使おうとしていることや、なかなかできていないことが多いのも分かります。

|

« 「働き方の教科書」 | トップページ | 全ては仕事のために »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)