« 金属の裏にあった問題 | トップページ | 登記識別情報の再作成 »

2012年1月30日 (月)

市町村別のデーター

夕刊には、日経新聞にも一般紙にも、今日発表された「将来推計人口」が出ていました。50年後、私も亡くなっていなければ88歳になりますが、65歳以上の高齢者の割合が40%になるとのことです。

将来の人口予測については、一昨日書いた「マイホーム、買ったほうがトク!」(藤川太著)にも書かれていたのですが、

「日本の人口が減るといっても、一律に減っていくわけではないことに注意したい」(同書の表現のまま)という点には、考えが及んでいませんでした。

不動産の価格は、人が増えるか減るかによっても左右される、ということです。

国立社会保障・人口問題研究所のサイトにも、本に掲載されていたのと同じ都道府県別、市町村別のデーターが載っているのですが、大阪府の中でも、人口の増えることが予測されている市、減ることが予測されている市のあることが分かります。

|

« 金属の裏にあった問題 | トップページ | 登記識別情報の再作成 »

世の中の話」カテゴリの記事