« 光熱費の変化 | トップページ | ゴルフスクール(体験入学) »

2012年1月14日 (土)

「野村克也に挑んだ・・・」

「野村克也に挑んだ13人のサムライたち」(橋上秀樹著)を読みました。
サブタイトルは、『「大成した選手」と「消えた選手」その違いはどこにあったのか?』。

今の私からすると、「上の人が言ってくれていることは、素直に受け止めたほうが…」と思いますが、勤めている時に読んだのであれば、反発しようとする側の気持ちも分かるのかもしれません。

本書に取り上げられている人を大まかに分けると、

監督の言っていることを理解し、自分に何を求められているのかを考えた人は残って、
忠告を聞き入れなかった人、謙虚になれなかった人は消えていった…

ということを伝える構成(そのことだけが書かれているのではありませんが)になっていると思います。

野球の世界だけの話に限らず、「生き方」を考えさせられる本です。

|

« 光熱費の変化 | トップページ | ゴルフスクール(体験入学) »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)