« 一時のための代償 | トップページ | やっと動き出した感じ »

2012年1月19日 (木)

私は駅前を優先

『これで完ペキ!「王道」の住宅選び』の見出しにつられて、「週刊ダイヤモンド」を買ってしまいました。

本文が、「2012年の年明けから春先までは、住宅を買うには絶好のチャンス」(本書の表現のまま)から始まり、主に首都圏の新築マンションの案内が続きます。

先に中をめくってみるべきだったか・・・と後悔しましたが、

リスクへの備えについては、「ハザードマップ」の他にも、「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」(←大阪は揺れやすい地域になっています)等があることも知れて、事前に調べれることは、確認しておくべきなんだなぁ、ということを感じました。

関西圏226駅別「住宅地評価一覧表」では、「ひと目でわかる駅力」が、「利便度」「安全度」「公共度」「文化度」「育児度」が評価されています。

しかし、同じ駅でも「徒歩何分」の場所に住むのかとか、「快速(急行)が停まる駅か」とか、その人が「何を優先するか」という価値観によっても違ってくると思うので、ポイントでは「優良」とされていても、誰もが「住みやすい場所」だとは限らないものです。

|

« 一時のための代償 | トップページ | やっと動き出した感じ »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)