« 法務局のコピー機 | トップページ | 「勝負哲学」を読んで »

2011年12月 9日 (金)

「思い」を伝えること

周りの方がこまめに情報を発信されているのを見ると、改めてその重要性がわかります。

「何をしているのか(何ができるのか)」
「何を考えているのか(どういう人なのか)」

というのは、きっとお客様にとっては気になるところです。

自分の頭の中に何となくある「思い」も、それを言葉に出すとか、文章にするとなると、なかなか簡単にはいかないもの。

目立つ広告を考えてもらうとか、業者の人にホームページを作ってもらうとか、お金をかければ露出を増やすことはできるでしょうけど、他人の言葉や表現を借りてしまうと、「思い」を伝えることは、なおさら難しくなります。

|

« 法務局のコピー機 | トップページ | 「勝負哲学」を読んで »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)