« アメリカンたわし | トップページ | 効率化と考える時間 »

2011年11月16日 (水)

他所でも通用する力

プロ野球の世界では、巨人のコーチ人事をめぐって大きな騒動になっていますが、その前にあった「巨人の森脇コーチ退団」というニュースに気になって、検索していたところ、

二宮清純さんの「プロ野球の時間 骨太の指導でダイヤの原石をどう磨くか 巨人・森脇浩司2軍内野守備走塁コーチ」というコラムが出てきました。

「一生懸命やったから仕方がない。負けようと思って負けているわけじゃない。僕に言わせれば、そんなことを言う選手は財布を持たずに買い物をするようなもの。プロとしての基本がなっていない」(以上コラムから引用)

一生懸命やって、できなかったら仕方ない。
ミスしようとしてしたわけではない。

それが通じないのは、我々の世界でも同じですね。

しかし、プロ野球のコーチも、ひとつのチームで契約解除になっても、切れ目なく別のチームで請われて次の職に就ける人を見ると、日頃から「他所でも通用する力」を蓄えておくことの重要性が分かります。

|

« アメリカンたわし | トップページ | 効率化と考える時間 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)