« 人も車も少ない | トップページ | あれもこれもと »

2011年10月10日 (月)

「当たり前のことを当たり前に」

昨日の「ソロモン流」は、パン職人の藤森二郎さん。
「1日1000個売れるフランス政府も認めたパン職人」と紹介されていました。

500円のブッフェは、近くなら絶対に行きます。
「年間500回店に来ている」と言ってるお客さんもいました。

藤森さんの言葉で、一番心に残った言葉。

「他の人と違うというよりも、当たり前のことを当たり前にやっているんです。特別にああだこうだと言い訳したり、格好付けるんじゃなくて、当たり前のことを当たり前にやると、ちゃんとしたものが出来上がるんです」

そういう考え方、私は好きですね・・・。

人によって、その「当たり前」の感覚が違うから、結果として違いが生まれてきます。


|

« 人も車も少ない | トップページ | あれもこれもと »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)