« 「船井幸雄のズバリ本音」 | トップページ | 変化に対するアレルギー »

2011年9月19日 (月)

ホテルのサービスに学ぶ

「頂点のサービスへようこそ」(桐山秀樹著)

サブタイトルは「リッツ・カールトンVSペニンシュラ」とあり、両ホテルのいろいろなエピソード、歴史、考え方を比較しながら、ホテルの「サービス」を考える本。

随分前に買って、読みかけて放置してあった本なのですが、一時期は、自分の事務所の接客を考える中で、ホテルのサービスから何かを取り込めないかと、こういった本をよく読んでいました。

「組織」を考える上でも、参考になることがたくさん書かれています。

「司法書士はサービス業」という意識はなくしていないつもりですが、最近は仕事の範囲が広くなって、目の前のことに意識を取られて、広い視点で業務を考えにくくなってるかもなぁ・・・という反省もあります。

|

« 「船井幸雄のズバリ本音」 | トップページ | 変化に対するアレルギー »

読書・映画の話」カテゴリの記事