« 「お金はいつも正しい」 | トップページ | 「miyoca」カード »

2011年9月30日 (金)

受け取る側の気持ち

会社の合併や分割の時に、債権者に送る「催告書」。

いつも形式的な文面を送っていますが、「親子兄弟会社の組織再編の実務」(中央経済社)に、

「(ご参考)会社法の規定に基づき、債権者各位に、このような催告をすることになっております。・・・」という文面が入っている書式を見付けました。

今まで、どうして気付かなかったのか。
業務に直接必要な部分は視界に入っても、書類の受け取る側の「気持ち」にまで気が回っていないためでしょう。

事前に連絡してもらっているとしても、金融機関ならともかく、一般の取引先の人にとっては、「催告書って何事?」という感じでしょうから、次からは工夫しようと思います。

|

« 「お金はいつも正しい」 | トップページ | 「miyoca」カード »

司法書士の日常」カテゴリの記事