« 携帯電話と信用情報 | トップページ | できる人は元々できる人 »

2011年9月13日 (火)

捨印をお願いする場面

今日は、登記関係の書類に、弁護士の先生に印鑑をいただきました。

「できれば捨印も・・・」とお伝えしたところ、「お客さんには捨印を押さないように、と言うんですけど」と仰られたので、怒られるのかと思ったところ、「私も、自分が作った書類にはもらいます(笑)」のひと言に安心。

確かに、第三者の立場でアドバイスを求められると、私も「押さないほうがいい」と言うでしょうし、例えば契約書や議事録を作成しても、外には出さない内部保管の書類であれば、捨て印欄も作らないです。

そうなると、ますます身勝手だということになりますが、「捨印は押しません」と言われることはありませんし、その信頼に背くような捨印の使い方もしないです。

|

« 携帯電話と信用情報 | トップページ | できる人は元々できる人 »

司法書士の日常」カテゴリの記事