« 自然に囲まれて | トップページ | 「大震災の後で人生を・・・」 »

2011年8月15日 (月)

どこにでもある問題

今日は、吉田家のお墓参りに。

祖母が亡くなった年の表示を眺めて、運命的なものを感じていました。

その前後は、私の父母にとって大変な時期だったと思いますが、ひとつ間違いないのは、相続で問題が起こっていなければ、私が司法書士になろうと考えることはなかったこと。

それと、どこにでも起こりうる問題であり、また、もめないように予防する術もあったのに、何もしなかったこと。

子どもが多感な時期にそういう問題を見せたのは、親としてどうだったのかと思いますが、何が人生を変えるか分かりません。

今は職業として、相続のことをはじめ、家庭のさまざまな問題を見せてもらうことになりましたが、改めてその原点を考える日になりました。

|

« 自然に囲まれて | トップページ | 「大震災の後で人生を・・・」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事