« 10年ぶりの海水浴 | トップページ | それでも紙に頼る »

2011年7月 4日 (月)

敬称の使い方と

宛先の敬称のことで意見の相違があったので、調べていましたが、いろいろと考え方はあるようで、正解は分かりません。

ただ、勤めていた時に、士業や公証人の先生宛であれば「先生」とする、と繰り返し教えられたので、先生宛てなのに「様」になっているのは、「まあいいか」とは思えない部分なのですね。

マナーを気にせず生きている人ですが、そういう部分で厳しくしてもらえたのはよかった、と、今になってすごく感じます。

あと、どこで教えられたのか分かりませんが、人前で靴を脱ぐ時に、前向きに脱いだままにしないというのも、崩さない部分。しかし、気にする人と気にしない人の割合は、半々くらいかもしれません。

|

« 10年ぶりの海水浴 | トップページ | それでも紙に頼る »

司法書士の日常」カテゴリの記事