« 「加害者家族」 | トップページ | 前後の予定も考えて »

2011年5月 5日 (木)

「一瞬の輝きではだめ」

昨日オープンした大阪駅の三越伊勢丹の報道を見ていると、とりあえず行っておきたくなり、まずは天王寺のキューズモールに行ってきました。

予想通りの人で、中で昼食を食べるのはあきらめ、一旦外の施設に脱出。

また戻って、石黒彩がプロデュースしたという野菜プリン、自分で手に取って、好きなものを混ぜて購入できる量り売りの惣菜等を買って帰りました。

「駅直結」と言いにくいのが弱点だと思いますが、魅力のある施設であり続けて欲しいと思います。

さて、野球の話になりますが、小笠原道大選手が2,000本安打達成。

「魂のフルスィング」(小笠原道大著)によると、「一瞬の輝きではだめで、その状態を長く持続させ、毎年コンスタントに持っている力を発揮している人こそが一流選手だと思う」とあります。

そういう前提で同選手の記録を見ると、いかに波が少ないかが分かりますし、長期間に渡っていい成績を残し続けることが難しいのは、野球以外の社会でも同じことだと思います。

|

« 「加害者家族」 | トップページ | 前後の予定も考えて »

プライベートな時間」カテゴリの記事