« 小中学校での勉強 | トップページ | 事務所のスタイル »

2011年5月16日 (月)

何もないことが

昨日のソロモン流は、「断捨離」のやましたひでこさん。
本屋で表紙を見掛けたことはありますが、素通りしていたので、何の本か知りませんでした。

「断」は、「入ってくるいらないモノを断つ」
「捨」は、「家にはびこるガラクタを捨てる」
「離」は、「モノへの執着から離れる」

という意味だそうです。

「何もないこと」が「豊か」だと感じれる感覚は、素晴らしいです。

事務所の机の周りは、いつも散らかっていますが、せめて家の中では、モノの少ない空間で過ごしたいもの。ところが・・・なのですが、余計なものは買わないことです。

|

« 小中学校での勉強 | トップページ | 事務所のスタイル »

価値観・共感した話」カテゴリの記事