« 「人それぞれ」への対応 | トップページ | 遺言書が必要な人 »

2011年5月 1日 (日)

「オカマの目」と「オカンの心」

「なぜド素人経営者の焼肉店は繁盛したのか?」(たむらけんじ著)

失礼ながら、ここまで経営に関与されているとは知らなかったのですが、経営に対する考え方に、伝わってくるものがありました。

「人が大事」というのは繰り返し書かれていますが、「オカマの目」と「オカンの心」という表現はキーワード。

『その店を流行らせるのに一番大切なのは、「お客さんを喜ばせる」こと。
それに最も必要なのが「オカマの目」と「オカンの心」です。
「オカマの目」は主にお客さんへの居心地のいい空間を提供するのに役立つ。
「オカンの心」は主にお客さんへの「プラス1」のサービスを提供するのに役立つ』(以上引用です)

細かいことに気付くことや、お節介に近いくらいの対応をすることを指されていますが、ウチの事務所でも必要なことかもしれません。

司法書士の仕事柄、書類を見る目が細かい、というのも当然必要なことですが、人に対する心配り気配りもなくてはならないものです。

|

« 「人それぞれ」への対応 | トップページ | 遺言書が必要な人 »

読書・映画の話」カテゴリの記事