« 警備の解除を忘れる | トップページ | 過去の事実と住宅ローンの審査 »

2011年5月13日 (金)

自分が店をする立場で

最近、ランチを事務所で済ますことも増えましたが、久しぶりに行くと、シャッターの下りてた店が2件。もう1件、夜だけの営業になった店もあります。

事務所の空きも目に留まります。
大阪市内でも、「こんなところが?」という道路沿いの部屋が空いていたりします。

特に近辺の場合は、「自分の事務所にどうかな」という目でいつも見上げていますが、なかなか「ここ!」と感じる所はありません。

飲食店を見ても、同じです。
「ここまで表通りから離れると来てもらいにくいだろう」とか、自分が店をしている立場で見ていることも多いです。

|

« 警備の解除を忘れる | トップページ | 過去の事実と住宅ローンの審査 »

司法書士の日常」カテゴリの記事