« 過去の事実と住宅ローンの審査 | トップページ | 何もないことが »

2011年5月15日 (日)

小中学校での勉強

予定よりも1週間遅れで、CFP(タックス)の過去問を解き終えました。
あとは、どれだけ繰り返し、同じ問題に目を通すことができる、か。

しかし、分数を使ったり、X(エックス)を使った計算とかが出てきて、小学校で習ったことなのか、中学校で習ったことなのかは覚えていませんが、今さらながら、学校での勉強の大事さが分かります。

計算式の途中に出てきた「100/105」の意味が分からず、悩んでいたら、「税込みの数字を税抜きにするのに÷1.05にするということ」と教えてもらい、なるほど・・・と。

「仕事オンチな働き者」(山崎将志著)で、「やっぱり学校の勉強はバカにできない」「ホワイトカラーの仕事は小中学校で習った勉強程度のことが土台になっていることが多い」と書かれているのを読んだばかりですが、それを実感しています。

|

« 過去の事実と住宅ローンの審査 | トップページ | 何もないことが »

受験勉強の話」カテゴリの記事

宅建登録実務講習(2020.01.12)
CFPまであと1科目で足踏み(2019.09.14)
自分が戻れる場所を作っておく(2013.02.14)
分厚い書類に囲まれ(2012.11.10)
なぜFPだったのか(2012.11.04)