« 普段は話をしないことを | トップページ | 最初からきちんと伝える »

2011年4月15日 (金)

責任を取ることは

受託してから2年近くになる破産事件が、やっと申立に・・・。

出来上がった書類を見ていたら、2ヶ月あれば整いそうなものなのですが、ここまで待ったのは、一旦お受けしたという責任でしかないです。ここで投げ出したら、他所で私の事務所を悪く言われるんだろうな、という意識もあります。

債権者も、以前のように「いつ申立ですか」と、頻繁に催促してこられることが少なくなりました。

世間では何か問題を起こすと、「いつ辞任するのか」という話になりますが、実際のところ、辞めてしまうほうが楽なことも多いでしょう。責任を取ることを、イコール辞めること、と考えるのは、正しくないと思います。

これで、申立待ちの自己破産案件はゼロになりました。

|

« 普段は話をしないことを | トップページ | 最初からきちんと伝える »

司法書士の日常」カテゴリの記事