« 状況の変化と判断 | トップページ | 外部へのバックアップ »

2011年3月27日 (日)

自己決定のサポート

司法書士会の研修を見ていました。

「法定後見申立と審判確定後の実務」
「女性とこどものための専門相談員打合会兼レベルアップ研修会」

前者の中で印象的だったのは、本題からはずれますが、「騙されているのか、投資信託をしている人が結構おられます。皆さん損しておられますけど・・・」という話。

今の時点で評価がマイナスになっていても、我々の年代であればまだ取り戻せる時間がありますが、高齢の方にはその余裕がありません。

毎月分配型のグローバル・ソブリンは、「人気」と言われても、もともと私は否定的な目で見ていましたが、かなり基準価格が下がっていますね。

後者では、「自己決定をサポートするのが法律家の役割で、専門家が『ヒーロー』になったり、『救済者』になってはいけない」という話がありました。それは、離婚関係の相談には限らないことだと感じます。

|

« 状況の変化と判断 | トップページ | 外部へのバックアップ »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

堺市内の司法書士分布事情(2021.04.17)
結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)