« 個人の方に向けて | トップページ | トイレ掃除で年収の差? »

2011年2月 3日 (木)

八百長と経済学

大相撲の八百長のことが、騒動になっています。
八百長については、「こんなに使える経済学」(ちくま新書 大竹文雄編)で触れられていたのを思い出しました。

本書によると、「7勝7敗の力士が千秋楽で勝ち越すか、負け越すかは、本来半々の割合で起こるはずだが、1989年から11年間の記録を見ると、7勝7敗の力士が8勝6敗の力士に対して8割近い勝率を残している」のだそうです。

また、「そこで勝ち越した力士が、次の場所で同じ相手と対戦したときの勝率は4割と半減している」そう。

相撲については、ついでに書きたいことがあったのですが、書かれていたと思われる本を探せないので、またの機会にします。

ちなみに、「こんなに使える経済学」は3年前に出された本ですが、今の社会から見返してみると、経済のことを無視してされている議論の多いことが(私も分かっている側の人間だとは思っていませんが)、より見えます。

|

« 個人の方に向けて | トップページ | トイレ掃除で年収の差? »

世の中の話」カテゴリの記事