« 前後にお手伝いできること | トップページ | 淡路島で感じた3つのこと »

2011年1月 8日 (土)

加賀屋の台湾進出から

先日のガイアの夜明けで、「加賀屋」が台湾に進出する話が取り上げられていました。日本の温泉旅館が海外に出るのは、はじめてなんだそうです。

現地職員の研修シーンを映されていましたが、文化が違う人に、一からの教育というのは大変ですね・・・。型を教えることだけでも大変。「思い」という部分を考えると、なおさらです。

しかし、「歩く時は畳のヘリを踏まない」は知っていましたが、「座る時は畳のヘリから16目を目安にする」は知りませんでした。

「有馬グランドホテル」でも、昨日、新しいスパ施設がオープンしています。

加賀屋のことを見ながら、「挑戦」というキーワードが頭に浮かんでいましたが、大きな組織であっても、次のこと、他所にできないことを考えないとやっていけない(小さい組織であればなおさら)、ということを教えてくれている気がします。

|

« 前後にお手伝いできること | トップページ | 淡路島で感じた3つのこと »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)