« 「名選手必ずしも・・・」 | トップページ | 個人向け国債の満期後 »

2011年1月23日 (日)

「〈貧乏〉のススメ」

「〈貧乏〉のススメ」(齋藤孝著)は、誤解を招きそうなタイトルですが、共感できることがたくさん書いてあります。

『自分のアイデンティティを苦しかったときにおくと、成功しても気をゆるめない』とありましたが、著者によると、貧乏な経験がないことは、不運なのだそうです。

苦しい体験があるかどうか。その体験を生かした生き方ができるかで人生が決まる、といったことが書かれています。

『「仕事がなくなるのがこわい」という感覚をもつ』『明日はわが身と心得る』というタイトルが付けられた部分がありましたが、私の中にはいつもある感覚。

でも、それでいいみたいです。

『プライドがない人から雇われる』は、私にも当てはまることが書かれていますが、『会社員にもオファー感覚が必要』『リストラされる人、されない人のちがい』という部分なんかは、会社員の方にもぜひ読んでいただきたいです。

|

« 「名選手必ずしも・・・」 | トップページ | 個人向け国債の満期後 »

読書・映画の話」カテゴリの記事