« ちょっとした心掛けで | トップページ | 自分が納得できる仕事 »

2010年11月28日 (日)

「残酷な世界で生き延びる・・・」

「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」(橘玲著)。
何が書かれているかを確認せず、「橘さんの本だ」ということで買った本ですが、勝間×香山論争の話から始まりました。

そういうのがあったなあ・・・と思い出しましたが、本書では、そこから深く、思わぬテーマに進んでいきます。

勝間さんのいわれるように、「やればできる」のかどうか、について。

「現在では、身体的特徴だけでなく知能や能力、性格なども遺伝することがわかってきた。それも遺伝の影響は、ぼくたちが考えるよりもはるかに大きいのだ」(以上本書から引用)

ではなぜ、身体的な特徴や運動能力の遺伝が当然のこととされていて、知能や性格も遺伝すると言えないのか。

『「遺伝」が科学ではなく政治問題だからだ』
『知能は「政治的に」遺伝してはならないのだ』(いずれも本書の表現のまま)
ということらしいです。

東大生の親には東大卒の人が多いとしても、環境の違いがある以上、学力の違いを金銭の問題にすり替えても解決しないのでは?と思っていましたが、この本では、家庭での環境も関係がないのでは?という問題提起がされています。

国会で言ってはならないと書かれていることは、ここでも書かないほうがいいので、伝わりにくいと思いますが、結論として、「やってもできない」という事実を認め、そのうえでどのように生きていくのかを考えるべき、とあります。

本当の話が表に出ないというのも嫌ですが、この本のおかげで、世の中の見方が少し変わるかもしれません。よかったら、本書を手にしてみて下さい。

|

« ちょっとした心掛けで | トップページ | 自分が納得できる仕事 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)