« 行政書士会の倫理研修 | トップページ | 実務と民法が逆 »

2010年11月 2日 (火)

「気付ける人」でないと

片側3車線の道路、遅い車が一列に並んでいて、どの車線からも追い越せない状況が続いてイライラ・・・。

後ろに気を遣おうよ、と思いますが、マイペースで進んでいる人は、周りの動きを気に留めていないことが、自分の家族を見ていても分かります。

あとは、夜、細い道をライト上向きにしたまま走っている車。
どんなに攻撃的な人なのかと、運転している人を見ていると、普通の女性だったりします。

ライトを上向きにすると、前を歩いている人がまぶしいだろうとか、考えていないんでしょうね…。

こういうのはひとつの例ですが、少なくとも一緒に仕事をするならば、後ろの車が抜こうとしていたら道を譲る、前に歩いている人を見付けたらライトを下げる、ことができるような人でないと、と思います。

|

« 行政書士会の倫理研修 | トップページ | 実務と民法が逆 »

司法書士の日常」カテゴリの記事