« 独学の恐いところ | トップページ | CFP試験の不動産終了 »

2010年11月13日 (土)

明日はCFP試験

明日は、CFP試験(不動産運用設計)です。
6月に受けた相続の時には、試験前日に直前の過去問を買いに走るような状態で、完全な準備不足でした。

今回は1週間前に、模擬試験代わりとして、問題集には反映されていない平成22年の第1回試験を解き終えました。22年の第1回試験は、やはり難しくて、合格ラインぎりぎりです。

不動産登記に関する問題も細かくて、
「共有者ABが所有権移転登記を受ける場合、ABにはそれぞれ別の登記識別情報が通知される」という肢がありましたが、実務で触っていたら当たり前のことも、そうでなかったら分かりづらいと思います。

もし、「共同相続人ABのうちAによって、法定相続分で相続登記の申請をする場合、ABにはそれぞれ別の登記識別情報が通知される」という肢があれば、間違う司法書士もいるかもしれません(「市民と法」にはそんな実話も出ていました)。

「極度額増額による根抵当権変更の場合には・・・」とか。
これは、私も過去に実務で気付けなくて、「識別情報が入ってないんですけど」という、みっともない電話を法務局に入れたことがあります。

|

« 独学の恐いところ | トップページ | CFP試験の不動産終了 »

受験勉強の話」カテゴリの記事