« 「何となく」の感じ | トップページ | 従業員の借金問題 »

2010年7月15日 (木)

未登記建物の名義変更

今日は、病院まで出向き、委任状にサインをいただいてきました。
ご家族を経由して相続登記の依頼があったケースですが、やはり「お会いさせていただかないと」とお願いして。

以前、ご家族から、贈与の登記の依頼があったケースで、同様に病院までお会いしに行ったことがありましたが、ご本人さんからは、はっきりとした意思表示がありませんでした。

結果的に、その数日後にお亡くなりになられましたので、あの時ストップをかけていてよかったと、ずっと心に残っている事例です。

ところで、今回の相続財産の中には、未登記の建物もあったのですが、先代の相続の際、役所に名義変更届が出されておらず、まだ先代名義のままになっていました。

結果的に、当時の相続人(今回の被相続人)が1名であったため、大きな問題にはなりませんでしたが、司法書士としては、「登記に関係がないから」というわけにはいかない部分だと思います。

|

« 「何となく」の感じ | トップページ | 従業員の借金問題 »

司法書士の日常」カテゴリの記事